最新情報

2017.11.29

「メディア・ルネサンス 平野富二生誕170年祭」が無事終了いたしました

先日、こちらで紹介いたしました「メディア・ルネサンス 平野富二生誕170年祭」が、無事に終了いたしました。

この催しは平野富二の生誕170周年を祝し、朗文堂 サラマ・プレス倶楽部 主催のもと、講演会や活版ゼミナール、掃苔会がおこなわれました。また、先立つ11月11日には、プレイベントとして「江戸・東京 活版さるく」と題したバスツアーが開催されました。

いずれも、2016年に長崎にて開催された「Viva la 活版 ばってん」「活版さるく」に続くものとなっております。

PB260008.JPG

『花の栞』第三号(株式会社モリサワ 蔵)


20171201b.jpg

PB260109.JPG

大石薫氏(朗文堂サラマ・プレス倶楽部/タイポグラフィ学会 会員)によるSalama-LPをもちいた活版ゼミナール


_DSF7551.JPG

古谷昌二氏 講演『第一部 平野富二、長崎から東京へ』『第二部 平野富二、神田泉町から築地・石川島へ』


itakura201712.jpg

板倉雅宣氏 講演『「もとき」か「もとぎ」か 本木昌造の呼称』

この催しに際し、タイポグラフィ学会 春田ゆかり、真田幸治、平野正一が講演を、松尾篤史が掃苔会の案内役を、各種広報物・活版ゼミナールを日吉洋人が担当いたしました。また、講演の一部はタイポグラフィ学会 学会誌にも掲載されています。

24068752_1668439739893443_4608434485870909301_o.jpg

|春田ゆかり 会員 講演|
『本木一門創始による京都「點林堂」』
『近代ひらがな活字の幕開け、池原香穉と周辺の人々』


sanada20171201.jpg

|真田幸治 会員 講演|
『明治の文芸雑誌と東京築地活版製造所「文芸倶楽部」と「新小説」』


hirano_2.jpg

PB260242.JPG

|平野正一 会員 講演|
『子孫から見た 平野富二と縁者たち』

平野会員の講演にあわせ片塩二朗氏(朗文堂/タイポグラフィ学会 会員)より『「平野富二 生誕の地」  建立 有志の会』が紹介される


image2.jpeg

「掃苔会」松尾篤史 会員による解説


PB260105.jpg

日吉洋人 会員によるアルビオン手引き印刷機 実演指導


こちらの「メディア・ルネサンス 平野富二生誕170年祭」継続情報は朗文堂ウェブ・サイト内『花筏』にておこなわれるとのことです。また、こちらの催しについては、タイポグラフィ学会 ウェブ・サイトでもあらためて報告いたします。

平野富二を通じ、わが国、近代におけるタイポグラフィの揺籃期と発展期、その背景を知る貴重な機会となりました。来場者の皆様、主催者の皆様、協賛・協力いただきました皆様に感謝申し上げます。


----


|メディア・ルネサンス 平野富二生誕170年祭|
会場: 日展会館 新館 (東京都台東区上野桜木町2-14-3)
主催:  朗文堂 サラマ・プレス倶楽部
協賛:  株式会社 IHI / 株式会社イワタ / 株式会社モリサワ
協力: 平野ホール /「平野富二生誕の地」碑建立有志の会 / タイポグラフィ学会

2017.11.14

【続報】メディア・ルネサンス 平野富二生誕170年祭

【続報】メディア・ルネサンス 平野富二生誕170年祭
活版印刷ゼミナール 展示・実演+講演会+掃苔会

こちらの催しでは、会場1階にて平野富二、東京築地活版製造所にまつわる講演会、会場2階にて展示・活版印刷体験がおこなわれます。

タイポグラフィ学会会員の春田ゆかり、真田幸治、平野正一が講演をおこないます。
!cid_11D50FD2-7F39-4717-80C5-58E092A70F7E.jpg


|春田ゆかり会員 講演|
11月24日 金曜日 13:30 --14:30
『本木一門創始による京都「點林堂」』
11月25日 土曜日 15:00 --16:00
『近代ひらがな活字の幕開け、池原香穉と周辺の人々』

1点林堂外観-M16-tei.jpg
1: 明治10年代頃の點林堂を描いたもの(右側)
図版出典:『工商技術 都の魁』石田有年編 石田戈次郎
(1883)国会図書館所蔵
『タイポグラフィ学会誌01』(タイポグラフィ学会 2007)に掲載

2池原香穉書-抜刀隊50395-tei.jpg
2: 池原香穉の書(石版印刷)
『タイポグラフィ学会誌09』(タイポグラフィ学会 2016)に掲載

3吉田晩稼碑63413-tei.png

3: 平野富二の碑の文字を書いた書家、吉田晩稼の碑面(晩稼の集字/青山霊園)

--

|真田幸治会員 講演|
11月24日 金曜日 15:00 --16:00
『明治の文芸雑誌と東京築地活版製造所「文芸倶楽部」と「新小説」』

明治28年 文藝倶楽部 第六編 表紙.png
1:「文藝倶楽部」第六編(博文館、明治28年6月20日発行)表紙

明治28年 文藝倶楽部 第六編 木版口絵 水野年方.png
2: 水野年方による泉鏡花「外科室」の木版口絵 

明治28年 文藝倶楽部 第六編 泉鏡花「外科室」1頁目.png
3: 巻頭の泉鏡花「外科室」の1頁目

--


|平野正一会員 講演|
11月26日 日曜日 13:30 --14:30
『子孫から見た 平野富二と縁者たち』
平野富二.jpg
平野富二

----

こちらの催しに関し、タイポグラフィ学会より日吉洋人が催事タイトルデザイン、パンフレットの組版を担当、片塩二朗・松尾篤史が「掃苔会」の解説、先だって11月11日に開催された「江戸・東京 活版さるく」の解説を片塩・松尾、地図作成を春田がおこなっております。

map-EdoTokyo1107-2.jpg

会場では学会誌の販売もおこないます。
催事期間中にかぎり、ご来場いただいた方には、割引価格(学割価格)にてご購入いただけます。
(最新号『タイポグラフィ学会誌10』の場合は、3,000円→2,000円)
その他セット割引もおこないます。

*学会誌は通常、下記の機関に販売を委託しております。
 本催事以外で、ご購入の際には直接お問い合わせをお願いいたします。
 株式会社 朗文堂 E-mail: robundo@ops.dti.ne.jp

みなさまふるってご参加ください。


|メディア・ルネサンス 平野富二生誕170年祭|
会場: 日展会館新館
110-0002 東京都台東区上野桜木2-14-3
TEL 03-5809-0803
・JR日暮里駅 南口より谷中霊園碑文通り経由 徒歩8分
・地下鉄千代田線・千駄木駅もしくは根津駅より徒歩10分

主催: 朗文堂 サラマ・プレス倶楽部
160-0022 東京都新宿区新宿2-4-9
協賛: 株式会社 IHI / 株式会社イワタ / 株式会社モリサワ
協力: 平野ホール /「平野富二生誕の地」碑建立有志の会 / タイポグラフィ学会

|朗文堂NEWS|
http://www.robundo.com/robundo/blog/

|下記は主催者ウェブサイトより引用|
● メーン会場は日展会館新館二階になります。二階の展示場には、稀覯書をふくめた豊富な資料がならび、至近距離から展観していただけます。また明治六年に平野富二がまっさきに製造したものと同型の、アルビオン型手引き式活版印刷機、朗文堂 サラマ・プレス倶楽部製造・販売 「Salama-21A」、「Salama-LP」 の小型活版印刷機二台を搬入して、実際にご来場者様に操作・印刷していただきます。ぜひともご体験ください(一部有料です。上掲案内をご覧いただき会場にてお支払いください)。

● 講演会場は日展会館新館一階になります。講演は各講師とも一時間を予定しております。貴重な原資料の展観をふくめ、著作・画像をまじえての講演となります。友人・知人をお誘いのうえ、ふるってご参加ください(聴講・参加費無料)。

●  一階講演会場は映写室を兼ねています。講演の終了後は、朗文堂サラマ・プレス倶楽部所蔵の貴重な動画・スライドショーをエンドレス・ロールでご覧いただきます。講演会が優先で中途上映打ち切りになることがあります。

 {掃苔会}は主会場の日展会館に隣接する谷中霊園を中心に、明治近代産業とメディアの勃興に貢献した著名人の記念碑・顕彰碑・墓地・墓標などをめぐります。
プレイベント<江戸・東京 活版 さるく>をうけて、より一層充実した内容となります。
版を重ねた特製ガイドブックをもとに、ベテラン会員がご案内いたします。歩きやすい靴と服装でご参加ください。また道中に自動販売機がありませんので飲み物を各自ご用意ください(26日[日]10:10 二階の受付前にご集合ください。資料代として参加費1,000円)。


2017.10.30

メディア・ルネサンス 平野富二生誕170年祭

2017年11月24日 金曜日から26日 日曜日にかけて『メディア・ルネサンス 平野富二生誕170年祭』(主催: 朗文堂 サラマ・プレス倶楽部)が日展会館 新館にて開催されます。こちらの催しに、タイポグラフィ学会は全面協力をしております。

メディア・ルネサンス(1).jpg

メディア・ルネサンス(2).jpg


会期:  2017年11月24日 金曜日-26日日曜日 10:00-17:00
*最終日は15:00まで
会場: 日展会館 新館 東京都台東区上野桜木町2-14-3
入場料: 無料
* 催事の一部には参加費が必要なものもあります
* 展示のほか、講演会、活版ゼミナール、産業人掃苔会を開催

本学会は昨年開催されました『Viva la 活版 ばってん 長崎』に続いて協力をおこなっております。2016年はこちらの催しにあわせ、タイポグラフィ学会 創立10周年記念として長崎研修をおこないました(下記は『Viva la 活版 ばってん 長崎』の様子となります, 2016年)

1-7-50052-06.jpg

1-3-49548-02 (1).jpg

2-2-49847.JPG

 |「長崎研修」が無事終了いたしました(2016.5.15)
   http://www.society-typography.jp/news/2016/05/post-17.html

昨年の開催地となりました長崎は活版印刷術が伝搬した地、今回はそれがもたらされた江戸・東京へと続きます。

----

主催: 朗文堂 サラマ・プレス倶楽部
160-0022 東京都新宿区新宿2-4-9
協賛: 株式会社 IHI / 株式会社イワタ / 株式会社モリサワ
協力: 平野ホール /「平野富二生誕の地」碑建立有志の会 / タイポグラフィ学会

以下は朗文堂ウェブ・サイトからの引用文となります。
----

『メディア・ルネサンス 平野富二生誕170年祭』
ことしは、近代産業近代化のパイオニアとして、東京築地活版製造所と東京石川島平野造船所(現 IHI)の創業者: 平野富二生誕170年にあたります。

プレイベント「江戸・東京 活版さるく」(11月11日 土曜日 開催)では、長崎に設けられた「海軍伝習所」「医学伝習所」「活版伝習所」などの施設と人員とモノが、いつ・どこに・どのように江戸と東京にもたらされ、どのように消長したのかをバスツアーで探ります。

11月24日 金曜日 -26日 日曜日に日展会館 新館を主会場として開催される『メディア・ルネサンス 平野富二生誕170周年祭』も盛り沢山の企画で皆さまをお迎えいたします。

|朗文堂NEWS|
http://www.robundo.com/robundo/blog/




2017.10.05

『タイポグラフィ学会誌10号』の刊行・頒布について


|論文|
「資生堂書体」とその源流としての「雪岱文字」---- 小村雪岱と資生堂意匠部
真田幸治

 |研究ノート|
わが国への凹版印刷機導入期における凹版印刷機についての考察
大石薫

 |ご入手方法について|
・非会員向け頒布価格: 1部 3,000円(送料・税別)
・学生向け頒布価格: 1部 2,000円(送料・税別)
*学生証明書の提示が必要です。

下記の機関に販売を委託しております。
お手数ですが直接お問い合わせをお願いいたします。
・株式会社 朗文堂
E-mail: robundo@ops.dti.ne.jp 
Telephone: 03-3352-5070
Facsimile: 03-3352-5160

2017.10.03

タイポグラフィ学会総会・『タイポグラフィ学会誌10号』刊行披露会を開催いたしました

10月1日 日曜日にタイポグラフィ学会誌総会ならびに『タイポグラフィ学会誌10号』刊行披露会をおこないました。

刊行披露会では『タイポグラフィ学会誌10号』から真田幸治会員による論文『「資生堂書体」とその源流としての「雪岱文字」---- 小村雪岱と資生堂意匠部』、大石薫会員から研究ノート『わが国への凹版印刷機導入期における凹版印刷機についての考察』についての概要解説をおこないました。

_DSF2427-2.jpg


_DSF2418-2.jpg

_DSF2627.JPG

_DSF2466.JPG


『タイポグラフィ学会誌10号』の頒布、ならびに『タイポグラフィ学会誌10号』論文発表会の日程につきましては、追ってこちらのサイトでお知らせいたします。


----

タイポグラフィ学会総会
『タイポグラフィ学会誌10号』刊行披露会
2017年10月1日 日曜日
於: 学校法人専門学校 東洋美術学校 本部棟302教室

20171003.jpg

22049894_1381898335192211_4766700966088002547_n.jpg